2005年のユーザーフォト vol.20

ユーザーフォト

神奈川県三浦半島の相模湾側で連日良型のシーバスが
ボイルしているとの情報に現地在住の友人にボートを出してもらい釣行して来た


神奈川県三浦半島の相模湾側で連日良型のシーバスがボイルしているとの情報に現地在住の友人にボートを出してもらい釣行して来た。1月12日、佐島港より朝日と共に出航して、半島沿いに発生した鳥山をミノーで叩きながら城ヶ島方面へ、長井沖に大きな鳥山を見つけ急行するも鳥は既に移動していた。しかし、鳥が去った後も散発的に小規模なボイルが発生していたので、消沈後のポイントに“ダンガン30g”を用意、狙うレンジを変えながら広範囲にアプローチをかけてみることにした。そしてボイルが出た方向にキャストして少し沈めてからミディアムリトリーブでリーリング、すると丁度ボイルが発生していた付近でヒット!ライトタックルで青物とはまた違ったファイトを楽しみ、久し振りに手中に収めたシーバスは、体高のある丸々と太った81?だった。以後、大き目のミノーを使ってサイズアップを狙ったが、60〜70?はコンスタントに釣れるものの、再び大型のシーバスがヒットする事はなかった。後に解った事なのだが、この時のベイトは6?のイワシ、まさに“ダンガン30g”がマッチザベイトだった。大型を狙いルアーサイズを上げたのは逆効果で、大型になればなる程ベイトに対してセレクティブだったのかもしれない。
        松野 勝一

ユーザーフォト
ユーザーフォト
ユーザーフォト
ユーザーフォト
ユーザーフォト