2015年のレポート vol.01

1月20日、周参見の太洋丸さんへ行ってきました。

シャウト!

スローピッチで五目釣りの計画ですが、先日からブリがトップで釣れているとの情報。

サンマが飛んだりして水面に気配があればやろうと思ってトップのタックルも準備しました。

朝6時に出船して沖の100mラインでジギング開始。

とりあえず今回はランス200gレッドゴールドピンクゼブラでスタート。

今年発売予定のフッ素コートを施したTCスパークのテストも同時にします。

ボトムからスローにハーフピッチで根魚にアピールして、その後はワンピッチで大きくロッドを大きく振って青物にアピールする作戦。

開始早々にワンピッチの後の長めのフォールでチカメキントキがヒット。

ロッドはSPJライダーでしたが、水深100m前後でブルーヘブンL50P-S2T、PE2号のセッティングで良い感じにジャーとラインスラッグが操作出来ました。続いて、次のポイントでも底から5mほどワンピッチで上げつつ長めのフォールを入れる作戦で、フォール中に気持ち良くラインが走ってヒット。ずっしり重いのにあまり走らず何が上がってくるかと思ったら、ハガツオとシオのダブルヒット。このコンビでのダブルヒットは珍しいのではないでしょうか。昨年の久米島釣行でのキハダや、年末九州の九州玄界灘釣行でもこのタックルセッティングでフォール主体のジギングをして良い釣果に恵まれています。ハイピッチ用のジグとして開発したランスですが、スローピッチでの使い方も有りだと開発段階から感じていました。

朝一の状況は良かったのですが、その後はしばらく潮が動かず沈黙。

同行の友人が良いサイズのマハタをクレイドルでキャッチ。

期待していたブリのトップは、サンマの気配も無く鳥が騒ぐ事も無かったです。

中盤にベイトの反応が良くなったタイミングでシオとハガツオを追加しましたが、短時間で時合いは終了。

フッ素コートのスパークは非常に刺さり具合が良く、フォール中のバイトもしっかりとらえてジグの重さで既に刺さっている感覚でした。

春の発売予定で生産を進めていますのでお楽しみに。

今回紹介したランスのフォール主体の釣り方ですが、是非スローピッチで皆さんも使ってみて下さい。

言葉で表現しにくいですが、大きくジャークしてスピードで興味を引き、その後の長―いフォールで喰わせる感じです。

SPJライダーは少し長めの6フィート6インチなので、この操作もやりやすいです。

お試しあれ。

ロッド:シャウト!セデュースSPJシリーズ SPJライダー
リール:スタジオオーシャンマーク ブルーヘブンL50P S2T(スロースタイルチュー
ニング)
ライン:YGKよつあみ ウルトラジグマンWX8 #2
リーダー:YGKよつあみ ガリスFCアブソーバー20lb
ジグ:ランス200g レッドゴールドピンクゼブラ
フック:フロント TCハードツインスパーク(プロト)#1/0 3cm、リア TCツイ
ンスパーク(プロト)#1/0 3cm






シャウト!

シャウト!

シャウト!

シャウト!

シャウト!