2010年のレポート vol.01

小野誠のジギング道

4月4日、与那国島の瑞宝丸に行ってきました。
ルアーメーカーであるスミスさんのテスターをされている中村豪さんのお誘いで参加しました。
中村さんは先に3月31日から与那国に来ており、既に22キロのカンパチをキャッチ。
詳しくは志摩人通信をご覧ください。4月1日の与那国にはびっくり?ですよ!

志摩人通信



僕は5、6日の二日間でしたがジギングを楽しみました。
今回の目玉は4月1日より解禁となった台湾曽根というポイントで大型カンパチが狙いです。
二日とも小雨の降る天気でしたが、小型ながらカンパチをキャッチ。
浅場では良型のアカジンや、イソマグロをキャッチ。ライトタックルで楽しめました。

潮の動きがゆるく低活性だったり、ヒットしてもサメに喰われたり苦戦しましたが、悩みながらも仲間とワイワイ楽しい釣行でした。
瑞宝丸の金城船長は温厚な人柄で、操船技術はバツグンです。いろいろとこちらの海を教えて頂きました。ディープジギングのカンパチ狙いは、ジグを送り届けるために船長の腕が問われる釣りですが、僕のペースにぴったりの操船で気に入りました。

チャンスがあれば、金城船長と一緒に50キロのカンパチを目標に再チャレンジしたいと思います。
皆さんも与那国へ行ってみては?

瑞宝丸



タックル
ロッド:セデュース ディープリフター、クダコドリフト、ベイトプロトタイプなど
リール:オーシャンマーク ブルーヘブン ノーリミッツL-120、L-50
ジグ:ステイ300g スライドアクター240g ライテン120gなど
アシストフック:パワフルアシスト、ダブルバーブアシスト、ライトシステムアシスト
ライン:YGKよつあみ WX8 #4、5
リーダー:YGKよつあみ ガリスFCショックリーダー60、80、100LB

小野誠のジギング道
小野誠のジギング道
小野誠のジギング道
小野誠のジギング道
小野誠のジギング道
小野誠のジギング道
小野誠のジギング道
小野誠のジギング道
小野誠のジギング道
小野誠のジギング道
小野誠のジギング道